自己投資が自費出版の醍醐味

自分で自分に出資できるのが自費出版の魅力

たとえ同じレベルの原稿だったとしても、自費出版は商業出版に比べて儲けることは難しいのが現実です。何故なら、商業出版の場合多くの著者は出版時点で初版分の印税を手にすることができますが、自費出版の場合、自分で出費してしまっているからです。とは言え、自費の方が有利になってくる局面が存在することも確かです。

一口に出版社から著作を出す、記事を執筆した雑誌が出るといってもその実態は様々で、社を挙げての大々的な宣伝を打って貰えることもあれば、まったく人目にも触れないような形で世に出ることもあります。出版社も純然たるビジネスですから、売れ行きなどの「期待値」に即したフォロー体勢を組んでくるのは当然で、そうした序列は作家の一存ではどうすることもできない場合が多いのが現実です。しかし、会社が損をしない、著者自身が出資し責任を持つというのなら話が違ってきます。表紙に載せる写真やイラストにも作者の意向を反映させることができるようになってきますし、出版部数についてもまた然りです。結局、手間をかけて出版する以上は、売れないよりも売れた方が良いのは言うまでもない話であり、損が出ないのであれば作家の意向を反映させ、全面支援に出ることも厭わないとなってくるわけです。

商業的に出版された本でも、広報が足りず埋もれてしまった本は少なくありませんが、自費出版という形であればそうした事態を回避できる可能性があるのです。

自費出版で本を出そう

自分が書いた物語やドキュメンタリー、レポートなどを友人や知人に本の形で配りたい場合は、自費出版を活用するのがおすすめです。たとえば、中小企業の社長や、地域の民俗学を研究している先生などは、しばしばその活動内容や、成し遂げてきた功績、後世に伝えたい事実や思いなどを文章にまとめたり、あるいは幼少期から今までの自分の半生をまとめた自伝を作成したりして自費出版し、地域の本屋さんや懇意にしているお店などに依頼して、販売場所を作ってもらっていることがあります。

会社勤めをしている人なら、一度や二度は知り合いの社長さんや会長さんから、そのような本をもらったことがある人もいるのではないでしょうか。

大手出版社から出版してもらうほどの販売部数を想定していない本を出版する場合、自費出版を活用することによって、自分の予算の範囲や、発行したい部数など、いわゆる小ロットのニーズに合わせて本を作ることができます。自分の書いた作品をしっかりとした形にして、自分の力で流通させるのはとてもやりがいがありますし、自伝など以外にも、作品集や画集などを出版して頒布したいという需要は全国にたくさん存在しており、自費出版のニーズは今でも高いと言えるでしょう。

カレンダー

2018年2月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリ

記事一覧

おすすめ記事

世界配信の電子自費出版

もっともリーズナブルな電子自費出版 近年、非常に電子書籍の売り上げが上がり、電子書籍の出版だけを行う専門の会社も増えています。実態の伴う紙で「版」から作って一冊仕上げていくより、形のないデータ配信に特化した…

もっと読む

オンデマンドでリーズナブルに自費出版

オンデマンドと電子出版でお得な満足感を 近年、インターネット等の技術が急速に発展したことで、作品を発表するにあたって紙媒体にこだわる必要は薄くなってきています。ネットにアップすればすぐさま世界中の人に作品を…

もっと読む

自己投資が自費出版の醍醐味

自分で自分に出資できるのが自費出版の魅力 たとえ同じレベルの原稿だったとしても、自費出版は商業出版に比べて儲けることは難しいのが現実です。何故なら、商業出版の場合多くの著者は出版時点で初版分の印税を手にする…

もっと読む

出版社から見る自費出版の立ち位置

自費出版はどうやればいいのか? 本を読むのが好きで、それが高じて自分で本を書くようになる程の人もいらっしゃるかもしれません。ただ書くだけで満足できているならいいのですが、書き上げた本の中で、出来るだけ多くの…

もっと読む