出版社から見る自費出版の立ち位置

自費出版はどうやればいいのか?

本を読むのが好きで、それが高じて自分で本を書くようになる程の人もいらっしゃるかもしれません。ただ書くだけで満足できているならいいのですが、書き上げた本の中で、出来るだけ多くの人に読んでもらって反応が欲しい、という欲求を心に持ってはいませんか?そこで、出版社に持ち込むのは気が引けるが、自費出版に興味があるという人に向けて、具体的な方法をご紹介します。

自費出版は、紙媒体の書籍だけでなく、デジタルデータである電子書籍の出版など、いずれかのメディアを活用し、執筆から販売まですべての工程を一人で行い、それに掛かるすべてのお金を自身で負担して出版することをいいます。書きたい作品のジャンルから、編集作業や印刷などの工程の際に選ぶ業者まで、自由に選ぶことができます。もちろん、そのぶん自分ひとりに責任が集中しますが。

とにかく自分で決めること、やることが多いので、きっちりと計画を立てる必要があります。すべての作業を自由に出来るからといって、全部自分でやる必要性は無く、どこか一工程を業者に任せることも出来ます。特に、自分が疎い分野の工程は、業者に頼むのが良いかもしれません。相手はプロですから相談に乗ってくれるでしょう。
自費出版は売るのが難しいので、企業と共同という形をとったり、あるいはインターネットを使って宣伝活動を行うのもアリですね。

自費出版する際には出版社の性質も考慮を

書籍や冊子を自費出版するという場合、印刷会社に頼むか出版社に依頼するかという選択肢を取ることが多いですが、一口に出版社と言っても様々な性質があります。まず、広く原稿を募集し、自費出版で得られる利益を主軸に経営を成り立たせている出版社があります。こうした会社の場合、収益の主軸はあくまで自費出版であり、本がいくら売れたかは二次的な要素に過ぎません。一方、大々的に商業出版を行い、ベストセラーを多数出す一方で自費出版にも取り組んでいる出版社も多くあります。こうした会社の場合利益の主軸は商業出版で、自費出版セクションは補助的な位置付けに過ぎず、プロの本と自費出版では仕上がった著作に記載される出版社名が違うことさえ少なくありません。

つまり、自費出版主体の出版社においては、とにかく本にできる原稿を集めたいという動機があり、商業系大出版社においては自費出版はなくても構わないと思われているかも知れないことは理解しておく必要があります。いずれにせよ、一冊契約できたらいくら利益が入るという話であり、出版社経由の場合、人に任せられる便利さや営業の有利さがある反面、その利益分の出費が不可欠になることは確かでしょう。

決して安いサービスではない自費出版をする際には、仕上がりや想定される売れ行きなど、とにかく納得いくまで詳細に話を聞くことが大事になってきます。

カレンダー

2018年2月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリ

記事一覧

おすすめ記事

世界配信の電子自費出版

もっともリーズナブルな電子自費出版 近年、非常に電子書籍の売り上げが上がり、電子書籍の出版だけを行う専門の会社も増えています。実態の伴う紙で「版」から作って一冊仕上げていくより、形のないデータ配信に特化した…

もっと読む

オンデマンドでリーズナブルに自費出版

オンデマンドと電子出版でお得な満足感を 近年、インターネット等の技術が急速に発展したことで、作品を発表するにあたって紙媒体にこだわる必要は薄くなってきています。ネットにアップすればすぐさま世界中の人に作品を…

もっと読む

自己投資が自費出版の醍醐味

自分で自分に出資できるのが自費出版の魅力 たとえ同じレベルの原稿だったとしても、自費出版は商業出版に比べて儲けることは難しいのが現実です。何故なら、商業出版の場合多くの著者は出版時点で初版分の印税を手にする…

もっと読む

出版社から見る自費出版の立ち位置

自費出版はどうやればいいのか? 本を読むのが好きで、それが高じて自分で本を書くようになる程の人もいらっしゃるかもしれません。ただ書くだけで満足できているならいいのですが、書き上げた本の中で、出来るだけ多くの…

もっと読む