世界配信の電子自費出版

もっともリーズナブルな電子自費出版

近年、非常に電子書籍の売り上げが上がり、電子書籍の出版だけを行う専門の会社も増えています。実態の伴う紙で「版」から作って一冊仕上げていくより、形のないデータ配信に特化した方がはるかにコストが安く、ビジネスになりやすいからだと言われています。実際に、極めて著名な作家やアーティストの中にも、「この作品は電子書籍限定」、「この曲は配信限定」という風に、データ販売専門の売り方を始めている方も少なくありません。配信ですと、書店やショップには当然利益が行かないわけですが、それでもなおこの形式を選ぶほどに魅力とメリットが多いというわけです。

常に自費出版の費用などを厳しく見ていかねばならないアマチュアやインディーズの領域では、この傾向はさらに強まっていて、amazonなどを介して電子書籍を販売することで、自営業的なビジネスをやっていこうという動きも見られるほどです。実際に、キッチリした表紙(のデータ)を作成して手続きを踏めば、何百万円もの費用を投じて作られただろう本と並ぶ形で配信されるという現実は強烈なものがあり、商売としてだけではない、趣味としての自費出版の世界でも全面的に活用されつつあります。業者に頼むにしても紙媒体よりもずっと安く、すぐに配信ができるという現実もあり、今や電子書籍は自費出版の選択肢の有力な一つになりつつあると言えるでしょう。

自費出版は執筆活動の夢を叶える大きな一歩になるチャンス

書店で並んでいる本は大多数が出版社から出ています。自費出版とは執筆、編集、印刷、宣伝、販売までを全て自分自身で行うことです。執筆者と出版社が分かれているものと比較して考えてもわかるように、執筆者の負担が圧倒的に多くなります。書いて終わりというわけにはいきません。出版するには勿論お金もかかってきます。1冊の本を出版するには100万~1000万の費用がかかります。
素人が100万をかけて自費出版をするケースはあまりありません。今では自費出版を応援するべく企業が増えており、もっと安く気軽に自費出版を依頼できます。わざわざ出版社に原稿を持っていく手間も省け、インターネットで手続きが完了します。自費出版はどういった方が利用されている方というと、小説家や作家を目指している方、アニメや漫画などの同人誌などを書いている方も自費出版に入ります。
自費出版はお金がかかるというデメリットだけでなく、印税率が出版社から出したものと大幅に違っています。出版社から出したものだと売り上げの10%ほどの印税しか執筆者には入りません。自費出版だと売り上げの50%の印税を保証している企業もあります。自費出版は自分のやりたいことを後押してくれ、上手くいけば自分の夢を叶えるチャンスにもなります。

カレンダー

2018年4月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリ

記事一覧

おすすめ記事

世界配信の電子自費出版

もっともリーズナブルな電子自費出版 近年、非常に電子書籍の売り上げが上がり、電子書籍の出版だけを行う専門の会社も増えています。実態の伴う紙で「版」から作って一冊仕上げていくより、形のないデータ配信に特化した…

もっと読む

オンデマンドでリーズナブルに自費出版

オンデマンドと電子出版でお得な満足感を 近年、インターネット等の技術が急速に発展したことで、作品を発表するにあたって紙媒体にこだわる必要は薄くなってきています。ネットにアップすればすぐさま世界中の人に作品を…

もっと読む

自己投資が自費出版の醍醐味

自分で自分に出資できるのが自費出版の魅力 たとえ同じレベルの原稿だったとしても、自費出版は商業出版に比べて儲けることは難しいのが現実です。何故なら、商業出版の場合多くの著者は出版時点で初版分の印税を手にする…

もっと読む

出版社から見る自費出版の立ち位置

自費出版はどうやればいいのか? 本を読むのが好きで、それが高じて自分で本を書くようになる程の人もいらっしゃるかもしれません。ただ書くだけで満足できているならいいのですが、書き上げた本の中で、出来るだけ多くの…

もっと読む