オンデマンドでリーズナブルに自費出版

オンデマンドと電子出版でお得な満足感を

近年、インターネット等の技術が急速に発展したことで、作品を発表するにあたって紙媒体にこだわる必要は薄くなってきています。ネットにアップすればすぐさま世界中の人に作品を届けることができますし、様々な電子出版サービスを用いることで、誰でも自作した電子書籍を販売することさえできるという現実があります。

とは言え、せっかく苦労して仕上げ、世に出した作品。手元に「本」として残っていないのでは何となく寂しいという感情も否定できません。ネットワーク障害などのことを考えると、紙媒体の方が保存に有利だという側面もあります。
そうしたニーズに応じることができるのが「電子+オンデマンド」出版の形式です。オンデマンド形式であれば、データを読み込む形で一冊ごとに本を作ることができるので、従来のオフセット印刷のように多くの部数を刷り上げて「版」を作った分の費用をまかなう必要がないのです。一冊あたりの単価は、大量に刷り上げたオフセット印刷のそれにはかないませんが、全体からすれば極めて安く仕上げることができ、非常にリーズナブルな形で作品を「本」として手元に残すことができます。実際の販売は原則電子でということにすれば、高くなったコストを読者負担とすることもありません。

本を作るのは楽しいですが、百冊も家に余ってしまうとなると保管もかなり大変になってきます。オンデマンドを使い、よりリーズナブルに楽しむのも一つの手です。

表紙データ作成依頼で完成度大幅アップ

自費出版で本を仕上げる際、特に出版社を介さずに自力で仕上げる場合に苦労するのは、何と言っても「表紙」です。文字を書くのは好きで慣れていても、絵を描くのはまったく苦手だという方は多く、かと言って無理して仕上げても、原稿の魅力を台無しにしてしまう、といった危険があります。

そこで、表紙のデザインを他の人に依頼することになるわけですが、現在ではネットを経由して募集していくのが手早く有力な選択肢となっています。「イラストの仕事募集」といったことを自身のホームページやブログ等に記載されているイラストレーターの方も多いですから、気に入った作風の方と連絡を取れば納得のいくものが仕上がりやすいですし、クラウド・ソーシングサイトなどで、「表紙募集」として求人をかけたりコンペを行ったりするのもいいでしょう。条件にもよりますが、まったく話がまとまらないということは少ないはずです。

イラストが送られてきたら、改めて出版社に相談するか作業を進めて、本に仕上げていく形になりますが、やはり表紙は作品の「顔」であり、そこにプロの手が入ったことで、全体の印象はまったく違ったものになってきます。書店でベストセラーを狙うにせよ、自分だけの記念に取っておくにせよ、やはり常に目に入る表紙は大切であり、良いものを作るためには最善を尽くしておきたいところです。

カレンダー

2018年2月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリ

記事一覧

おすすめ記事

世界配信の電子自費出版

もっともリーズナブルな電子自費出版 近年、非常に電子書籍の売り上げが上がり、電子書籍の出版だけを行う専門の会社も増えています。実態の伴う紙で「版」から作って一冊仕上げていくより、形のないデータ配信に特化した…

もっと読む

オンデマンドでリーズナブルに自費出版

オンデマンドと電子出版でお得な満足感を 近年、インターネット等の技術が急速に発展したことで、作品を発表するにあたって紙媒体にこだわる必要は薄くなってきています。ネットにアップすればすぐさま世界中の人に作品を…

もっと読む

自己投資が自費出版の醍醐味

自分で自分に出資できるのが自費出版の魅力 たとえ同じレベルの原稿だったとしても、自費出版は商業出版に比べて儲けることは難しいのが現実です。何故なら、商業出版の場合多くの著者は出版時点で初版分の印税を手にする…

もっと読む

出版社から見る自費出版の立ち位置

自費出版はどうやればいいのか? 本を読むのが好きで、それが高じて自分で本を書くようになる程の人もいらっしゃるかもしれません。ただ書くだけで満足できているならいいのですが、書き上げた本の中で、出来るだけ多くの…

もっと読む