開かれてきた自費出版の世界

新着情報

カテゴリ:自費出版の現状

自己投資が自費出版の醍醐味

自分で自分に出資できるのが自費出版の魅力 たとえ同じレベルの原稿だったとしても、自費出版は商業出版に比べて儲けることは難しいのが現実です。何故なら、商業出版の場合多くの著者は出版…

もっと読む

カテゴリ:自費出版の現状

出版社から見る自費出版の立ち位置

自費出版はどうやればいいのか? 本を読むのが好きで、それが高じて自分で本を書くようになる程の人もいらっしゃるかもしれません。ただ書くだけで満足できているならいいのですが、書き上げ…

もっと読む

自費出版の魅力

最近、日本のある人気俳優の方が自費出版した、彼の祖母の半生記が話題になり、実写映画が公開されることになりました。自費出版という出版形態について、そのニュースで初めて知ったという方も少なくないようです。そもそも、自費出版で書籍を出すのと、出版社から書籍を出すのはどのように違うのでしょうか。
いちばん大きな違いは、自費出版は誰かの許可をとることなく、本を出したいという自分の意思にしたがって本が作れるというところにあります。

特定の出版社から本を出版したい場合は、出版社の編集担当者に原稿を見せ、この本を発売すれば自社の利益になるというジャッジをしてもらわないことには出版してもらえません。当たり前のことですが、出しても売れないと出版社が判断した本は、その出版社から発売されるはずはありませんよね。どこかの出版社から、本の内容について認めてもらえないことには、いつまで経ってもせっかく書いた本が出版されないままになってしまいます。

自費出版の場合、自己資金をどこまで出せるかによって出版可能な部数は変わりますし、販売促進の手段も限られてしまいますが、出したい本を自分の力で出版できるというメリットはとても魅力的ですから、多くの人が自費出版によって本を世に送り出しているのです。

自費出版の方法について

自費出版について具体的なことを知っているという方は少ないのではないでしょうか。
自費出版に興味があってしたいと思っている方も、自費出版とはどう言ったものなのかきちんと知ってから業者に相談しなければなりません。
まず、自費出版というのは一つの方法だけではないのをご存知でしょうか。

自費出版の方法というのは主に二つです。
それが、個人出版と協力出版です。

個人出版というのは全ての工程を自分で行う方法です。
そのため費用は協力出版に比べると抑えられますが販売の流通にのせることはほぼ不可能ですし、かりの知識と労力を必要とします。
そしてもつ一つの方法、協力出版についてです。
昨今自費出版といえばほぼこちらの協力出版を指すと言っても過言ではありません。
協力出版は出版社に認められながらも採算が取れないのではないかと判断された場合などに行われることが多いです。
この場合、初版分の費用を全額自分で負担することになります。

もちろん個人出版に比べてお金はかかりますが店頭に並ぶ本と遜色ないほどの本を作ることができますし、なにより実際に書店に並ぶとというのは大きいです。
売り上げが良ければそれ以降の費用は出版社が持ってくれますし、最初にかかった費用も印税で帰ってくるという理想的な自費出版方法です。

本を全国書店に流通し、売上還付金をお支払いします。 平日は9時~19時まで電話応対いたします。 風詠社は自費出版したい方をフルサポートする会社です。 自費出版をお考えの人は、一度低コストでの本格出版が可能となっていますし、ご予算や納期に応じた本づくりを行うのでぜひごらんになってください。自社出版したいと思ったことはありませんか、大手出版社にはない特別料金で 自費出版をお考えなら風詠社へ

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリ

記事一覧

おすすめ記事

世界配信の電子自費出版

もっともリーズナブルな電子自費出版 近年、非常に電子書籍の売り上げが上がり、電子書籍の出版だけを行う専門の会社も増えています。実態の伴う紙で「版」から作って一冊仕上げていくより、形のないデータ配信に特化した…

もっと読む

オンデマンドでリーズナブルに自費出版

オンデマンドと電子出版でお得な満足感を 近年、インターネット等の技術が急速に発展したことで、作品を発表するにあたって紙媒体にこだわる必要は薄くなってきています。ネットにアップすればすぐさま世界中の人に作品を…

もっと読む

自己投資が自費出版の醍醐味

自分で自分に出資できるのが自費出版の魅力 たとえ同じレベルの原稿だったとしても、自費出版は商業出版に比べて儲けることは難しいのが現実です。何故なら、商業出版の場合多くの著者は出版時点で初版分の印税を手にする…

もっと読む

出版社から見る自費出版の立ち位置

自費出版はどうやればいいのか? 本を読むのが好きで、それが高じて自分で本を書くようになる程の人もいらっしゃるかもしれません。ただ書くだけで満足できているならいいのですが、書き上げた本の中で、出来るだけ多くの…

もっと読む